top of page

TreyLinkについて

​不動産データベースシステム開発会社

LINE_ALBUM_20231202_231206_772.png

ストーリー

不動産である土地は、売買事例をもとに基準値となるべきデータが一定の数があること、単価数値に対して比較項目が少ないのことで、ある程度価値目安は取れるが安定はなかなか望めない。一方建物は、形はもちろん構造も仕様も履歴も基準がないために価値がわからない。その基準を創造するためには、分析項目が詳しく分けられなければなりません。当然統一したビックデータが必要不可欠であります。また分別は価値基準に対して均一に評価できる新しい査定管理方法を編み出さないとデータとして使いものにはなりにくい。特に必要書類(建確済証図面や修繕履歴…)は保管がいい加減で取扱いと承継は記録が取られていないところも含め、私たちはDXしたいと考えた。

30年も経つと建物価値が0円に!?

国内での不動産の取り扱い方は、土地は売買事例を基準値として、査定は比較的算出できます。取引数の少ない地域や急激な変化では査定は難しいのが現状。建物は市場での基準がなく、記録がされていないために価値の算出はとても難しい。通常一般的な住宅は、各メーカーが個々に性能を出しているため、世での中古市場で仲介業を営む会社たちは、実態として経験値のカンに頼り、固定資産税評価額を基準で算出が一般的であるが、仕様は考慮されずひとくくりで計算している。それでは市場取引を一致しないどころか、扱う人によってムラが大きく古いと価値はないと不動産業者が決めて進ませてしまうのが取引現状である。

Trey Link Data Baseはどんな建物にも応用が可能!

TreyLinkのTrey Link Data Baseシステムは、スタート時管理業務の効率化を考え共同マンションやテナントビル・オフィスビルなど、投資家の立場から建物の記録がずさんである不満うを解決しようと考え、不動産投資家の安全な取引のためや不動産建物価値の安定のためにと考えたため、建物種類先般に向けて設計が進んだのです。

 私たちは経営観点から、運営費を稼ぐ必要があるために住宅建物を第一フェイズとして知名度の向上を優先すべきと判断しました。Trey Link Data Baseは、ビックデータ蓄積用に設計されております。それは建物の価値や管理をより便利にすることが可能なシステムです。物件を取引される際、最も重要である情報や資料が安全にデータ化することが目的で仕組みを作っています。

取引の安全と価値の安定が重要!

仲介の立場からは、建物価値基準の曖昧さはいまだ違和感です。外国不動産を多国経験した中で、アメリカの不動産取引の安心安全性には感銘受けました。日本の不動産取引は不動産営業マンが一貫して取り扱うために安定を望みにくいこと、データ一元化が進まないのが現状です。つまり、取組みをしてきています。経済はどこも人不足!育成困難の壁にあたっています。しかし、規制は厳重になっていく一方。不動産のような複雑な法律を体得して安全に取引ができる営業マンが育たない環境下。問題発生は至る所に広がっており、もともと高齢化している業界として、伝承・承継がうまくいっていない状況下を、システムで安全に安心な取引実現をするために創造して、さらに便利にしようがテーマでした。

IMG_9079.jpg

アメリカではデータ化できている!

特にアメリカを例にすると、物件それぞれにカルテがありデータが一元化されていることをご存知でしょうか?Multiple Listing System、通称MLSと言います。透明性が高い不動産売買システムです。日本ではない一般消費者がアクセスが可能です。不動産会社がマーケットに出ている物件情報を隠すことができないようになっています。また契約の際にも、しくみは異なり不動産専門弁護士がつき詳細交渉を進めるのです。日本では不動産業者がすべての行為を行います。そのため法律で重要事項説明が定められていますが、保管の義務は不透明のままです。消費者が安全に購入するには、足りないことが多く、経済発展とともに慣習的不動産取引に限界がきていると感じてきました。

画期的なデータシステムの創造!

TreyLinkは、Trey Link Data Baseシステムは書類の内容を分解して保存を行う仕組みなっています。他の会社は紙またはPDFなど自社保管を行うため、当然分析や検索などデータの内容を活用することができません。弊社は入力内容を独自に割って分けています。書類作成を手軽に手間を省くだけではなく、活用はもちろんのこと応用も可能にできるシステムです。日本での不動産手続き進行も書類制作も、ほとんど一人の手間で作ることが多く、データは消滅していきます。資料から査定から契約から、なんども同じフレーズを入力する場面あり、不効率な書類作成が現在です。その手間をも省くところができる画期的なプロップフォーム&ホムナビとTrey Link Data Baseシステムの連携によって実現できるのです。

プロップフォームはTrey Link Data Baseを支える

プロップフォームはTrey Link Data Baseシステムになくてはならない不動産書類制作用システムです。このシステムによって、データが回収(蓄積)されるわけです。ただ記録されるのではありません。項目が自動仕分けされTL独自の物件カルテが出来上がる仕組みになっています。このカルテに記載される項目内容!ココが重要でプロップフォームの秘密が隠されています。このTreyLink独自の項目分解方法によって蓄積されるから、データ活用が容易にできます。最大の目的であり、弊社の存在価値そのもです。

ホムナビが不動産界を変える訳

Trey Link Data Baseシステムにデータが蓄積するためには、さらなるサービスが必要と考えました。それは取引を支えデータを持っている、営業マンさんから収集するのが早道だと思うから思ったのです。我々のアイデアはそれだけではなく、ホムナビは建物安全取引&暮らしカルテアプリ、その営業マンと顧客さんにとって必要で便利なものであること、手軽に情報を追加保管(企業秘密)できることなど、使う人に優れた結果を担保するものとして自信をいます。しかも必要データが蓄積する。このアプリは、建物価値基準に必要なデータ入力末端機として機能するばかりか、物件オーナーが率先して使いたくなる見える化機能が搭載されれます。これで正確で必須項目のデータ回収が、スピードを格段上げると確信しています。ビックデータは、価値基準にはとても大切ですが、データの質はもっと重要です。今までとはまったく考えが違うデータ収集項目で、価値の透明性向上で社会に役に立つのがTrey Link Data Baseシステムです。

データ蓄積で未来を変える!

TreyLinkは、プロップフォーム【契約細分化型入力システム】には、ホムナビ【建物安全取引&暮らしカルテアプリ+アルファ(第2フェイズ)】との連携で、Trey Link Data Base システムのコアデータが収集されます。データはより多く&よい詳しくなければ価値が出ません!ビックデータを収集するために、末端で作業をしている不動産業界における営業マンさんたちをサポートし「楽だ」、利用してもらう人が「価値が上がる」と感じてもらえれば、必ずデータ回収が進みます。利用してもらうためには、新サービスの連携として『triple3Win』【不動産アカデミー付エージェントシステム】の次期サービス(第3フェイズ)を考えております。

LINE_ALBUM_20231202 _1_231206_67.jpg

Trey Link Data Base 蓄積促進の3つ目の武器!

Trey Link Data Baseシステムは、プロップフォームとホムナビとの装備に戦略として3つ目の仕組みでデータ蓄積をスピードアップを図ります。ホムナビにplusとして追加機能、物件所有者が自ら積極的に情報入力する仕組みを用意されています。取引からの情報回収以外からの収集を促進することも追加戦略を持っています。

 さらに、不動産情報集約型エージェント登録制新事業として『Triple3win』を準備を進めています。取引数を最大に、記録成果の促進を実現します。諸外国では当たり前のエージェントによる売買活動。情報は人から人へと動きます。日本の法律に沿った新しいエージェント制度を立ち上げを予定。末端にある不動産情報を掘り起こすだけでなく、持っている人が手軽に契約へ進行できるようにサポートを行うことも。フロップフォームがあるからこそできる新システムになっています。

多言語対応でグローバルに対応!

TreyLinkは、昨今外国人が購入するためには、書類説明を熟知させるだけでなく、見落としやすい税制や登記等における義務なども、プロップフォームplus(仮称)【外国人対応重説売契製作システム】がサポートし、さらに売買取引の促進を安全に実現します。日本の法律や義務そして文化までも伝える必要性がある不動産にもかかわらず、不動産会社や営業マンはその対応スキルがなかなか上がりません。海外からの購入などの対応が重要な時代になってきました。このサービスによってさらにデータの蓄積は加速します。

CD477652-52D5-4DE3-BD44-F62570307B18.jpg

TreyLinkのマネタイズ!

TreyLinkは企業として存続するためには、収益は大変重要と思っています。スタートアップは社会のために努力を優先します。場合によっては収益は後回しであることもあります。ビックデータ蓄積後の収益は活用有利のため高収益を期待できますが、そこまでの道のりを当然ながら経営陣を想定しなくてはなりません。

 3つのサービスが運営収益を生む。データ蓄積促進するだけでなく、手軽で効率的な仕組みで、現場(営業マン)の取引を円滑かつ安全サポートして顧客様へ安心を与えさらに収益を生ませます。努力やアイデアは収益を生むこともできるはず、満足をいただけるレベルに上げていくことを現在日々考え行動しています。他社との連携やシステム販売など、ようような収益を考えています。

Trey Link Data Baseは金融機関連携を意識して!

Trey Link Data Baseシステムは、安全な取引の実現が当初の目的をしているために、物件情報を独自分解し、今まで見えにくかった情報を加えて、価値の基準差が理解しやすい表示に設計されています。当然ながら建物評価基準が市場内で生まれるのです。それは金融機関が担保額算出やソリューション部門でのマッチング業務に役に立つと考えています。水面下で特定に動くことがなくなるのが理想です。つまり欲しい情報を獲得しやすくなると考えます。Trey Link Data Base登録された物件は、今までと違う物差し情報が加わることで、売買取引の安全性が増し価格の安定が実現可能なります。これによって流通性が、向上し建物の価値が高価に担保されることとなるわけです。第3フェーズTriple3Winは、水面下の情報をさらに浮上させるでしょう。

区分建物の対応が欠かせない!

アメリカでは、区分建物物件の価値は上がる物件もあります。成果はデータがしっかりしていること、管理がしっかりしていること、基準があることなどが大きな要因です。巨大な建物を一人で所有できる方(会社)は限定されますが、管理会社に委託しているのが一般的で、オーナーは知らないわからないことが多いのです。いざ売却する際、ないない!不明!など取引では日常茶飯事。Trey Link Data Baseシステムは基本IDとPASSを発行するだけで、承継が簡単にできる!しかも大容量情報を手軽に承継できるのです。

 近年国内では、不動産特定共同事業を策定して、高額な建物をみんなで持つことができ、収益還元や税制優遇ができる仕組みが発展しつつあります。しかし、基礎がアナログ対応につき、よい管理システムは稼働していないために、膨大な手作業がかかっているのが現状です。Trey Link Data Baseをupグレードすることで、情報価値の高い管理・保管・記録と一元化することが実現できます

​ボードメンバー

​学生応援メンバー

クライアント候補

bottom of page